HOME > 事業報告

地域文化促進事業

◎札幌市白石区『ふるさと祭り』(2013年7月6日)


行政が開催する地域のお祭りに、ステージでの太鼓演奏、太鼓の体験コーナー、盆太鼓の打ち手として参加させていただきました。


お祭りには欠かせない楽器の太鼓。

日本人にとって聞き慣れた音ですが、生演奏を聴く機会は非常に稀少です。
伝統楽器であり、日本人の魂を揺さぶる太鼓の音色をもっと身近に感じてほしい。


日本の文化に触れていただきたいという想いからこの度参加させていただきました。

「文化は心を豊かにする」

という考えをもとに、

今後も沢山の方々に太鼓を通じて


日本に文化をお伝えできるよう取り組んでいきます。


第38回白石ふるさとまつり(札幌市)

第38回白石ふるさとまつり(札幌市)

地域文化促進事業

◎北広島市大曲地区『太鼓指導』 (2013年6月末〜7月末)


地域の身近なお祭りとして存在していた盆踊り。

しかし、近年町内会の弱体化が進み、祭りの閉鎖が相次いでいます。

現状を変えるべく、「盆太鼓を通じて活気あるお祭りを!」
をコンセプトに盆太鼓の指導を行なっております。

その中心となるのは子ども達。


太鼓を通じて地域の活性化とコミュニケーションの場を広げていく活動に取り組んでいます。


盆踊り太鼓指導(北広島市大曲地区)

盆踊り太鼓指導(北広島市大曲地区)

地域文化促進事業

◎札幌市円山動物園 『Kids Zoo Town』(2013年7月28日〜30日)



子ども達が大好きな動物園で、職業体験イベントKids Zoo Town に『太鼓体験』で参加させていただきました。

和太鼓は日本の楽器ですが、近年は和太鼓を演奏することはおろか、

実際に見た事も生の音色を聞いた事もないという若い世代の方が増えてまいりました。



『もっと日本の楽器を身近に感じていただきたい!』

太鼓は叩けば音が出る楽器ですので、
気軽にお楽しみいただける特性を持ちます。

そのおかげもあってたくさんのお子様に太鼓に触れていただきました。

太鼓に限らず、お祭りやイベントで


日本の楽器の生演奏が聞ける機会が増えることを願って今後も活動してまいります。


円山動物園 『Kids Zoo Town』(札幌市)

円山動物園 『Kids Zoo Town』(札幌市)

地域文化促進事業

◎札幌市円山動物園 『秋祭り』(2013年9月21日〜23日)



7月に行なわせていただきました『太鼓体験』が、おかげさまでご好評いただき2回目を開催させていただくこととなりました。


出来るだけ多くの方にご参加いただきたく、今回は小学生以下のお子様も体験可能と致しました。

イベントは、太鼓のお話・北海道和太鼓塾による演奏をお聞きいただき、最後に体験となります。
「体験を始めますのでこちらに...」の声と同時に、歓声をあげて子ども達が猛ダッシュで太鼓の所に集まる盛況ぶり。

建物内には太鼓の音と子ども達の歓声が響き渡りました。


「日本の伝統文化を未来を担う子ども達に伝えたい。」

今は種を蒔きの時期。
いつの日か花を咲かせてくれることを願い、これからも精一杯活動してまいります。


円山動物園 『秋まつり』(札幌市)

円山動物園 『秋まつり』(札幌市)

地域文化促進事業

◎北海道開拓の村 「冬休み 太鼓体験イベント」(2014年1月5日)


2014年最初の事業として、北海道開拓の村 ご協力のもと、音を気にせずに思いっきり太鼓を叩くことができる施設をお借りしてお子様向けに太鼓体験イベントを開催させていただきました。

今イベントは冬休み期間中の中学生以下を対象とし、北海道の歴史的建造物が建ち並ぶ環境のもと、美しき日本文化にふれていただくことで、子どもの豊かな成長につながるよう願いを込めて開催させていただきました。

イベントでは、一般的によく知られている宮太鼓から、北海道開拓の村にある道内最大級四尺二寸の大太鼓まで様々な太鼓の音色をお楽しみいただきました。


当財団では、本年度も積極的に体験イベント等を通じ、皆様に日本文化をより身近に感じていただけるようつとめてまいります!


冬休み太鼓体験 『北海道開拓の村』(札幌市)

冬休み太鼓体験 『北海道開拓の村』(札幌市)

若手演奏家育成事業

◎津軽三味線全国大会参加 「津軽三味線発祥地 金木へ〜遠藤周作準優勝!」(2014年5月4日)


津軽三味線全国大会は毎年桜が美しい、5月のゴールデンウィークに開催されます。当財団の理事長、木村善幸も16歳から24歳まで毎年チャレンジして来ました。

2014年は若手演奏家育成事業 津軽三味線コースの遠藤周作が津軽三味線発祥地、五所川原市金木で行われた第26回津軽三味線全日本金木大会 個人一般C級の部にて準優勝しました。

当日は津軽民謡の難曲『津軽三下り』を演奏。

緊張の中でも自分の演奏をしっかりとしていたのが印象的でした。

60名出場の中での準優勝は本人の大きな自信になることと思います。

これからも皆様のご声援よろしくお願い致します!ありがとうございました。


 『津軽三味線全日本金木大会』(五所川原市)

『津軽三味線全日本金木大会』(五所川原市)

若手演奏家育成事業

◎木村善幸文化財団研修生「研修内容」(2014年4月〜)


現在、木村善幸文化財団の津軽三味線コースで研修中の遠藤周作。

夢の実現の為に日々お稽古に励んでおります。

三味線のお稽古はもちろんですが、実地研修として
時には理事長であります木村善幸のソロコンサートのスタッフ。
時には写真撮影に同行し、照明調節を。

実践がとても大事なので、研修中はできるだけ沢山の経験をして頂きます。


また、お稽古場を提供して下さっている方が手料理を振舞って下さり、昼食を頂きながら皆でコミュニケーションを深める事も…。

研修は和やかに、そして楽しく進められております。
今後の遠藤周作の成長に期待です。


 『和やかな昼食の様子』

『舞台の照明を調整している様子』

地域文化促進事業

◎北広島市大曲地区『盆踊り太鼓指導』(2014年6月末~7月末)


今年で2年目となるこの事業。

盆踊り本番までにお稽古を4回行いました。
参加してくれたのは9名の元気な子供達。皆手の豆が潰れるほどお稽古を頑張っていました。

本番当日は昨年と同様の雨。子供達が目標としている櫓の上で太鼓を打つことが出来ないのでは…と思いましたが皆の想いが空まで届き雨が小降りに。櫓にのぼり太鼓を打つことが出来ました。

子供達の楽しそうな笑顔を今年も見ることができました。
今後も太鼓の楽しさを子供達に伝えていきたいです。


 『打ち手の子ども達と講師喜田千智』

『打ち手の子ども達より囲み取材されている様子』

若手演奏家育成事業

◎札幌コンベンションセンター 『日本女性会議』(2014年10月18日)


札幌コンベンションセンター 『日本女性会議』(2014年10月18日)

札幌市が一丸となり盛大に行われた【日本女性会議2014】に当財団 理事長、木村善幸がメインアトラクションとして和太鼓・津軽三味線を披露致しました。
1800名以上のお客様が来客し、この大きな舞台で木村が塾長を務める 北海道和太鼓塾、そして若手演奏家育成事業 津軽三味線コースで研修中の遠藤周作も木村と共に演奏致しました。
日本各地から集まるお客様へ北海道を代表し、音を奏でる…
貴重な経験となったのではないでしょうか。
会場は大変盛り上がり、皆様に喜んで頂けました。


 『本番前の合わせ』

『本番終了後の一枚』

若手演奏家育成事業&地域文化促進事業

◎介護福祉施設 ほくと『津軽三味線演奏』(2015年1月7日)


介護福祉施設 ほくと『津軽三味線演奏』(2015年1月7日)

こちらは当財団理事長 木村善幸が から現在まで毎年演奏しに伺っている施設です。

そんな思い出深い場所で若手演奏家育成事業 津軽三味線コースで研修中の遠藤周作も津軽三味線の演奏を致しました。

木村は十数年前、将来自分の弟子を連れてここで一緒に演奏すると想像していたでしょうか。

二人の演奏している姿を見て木村師の歴史を感じました。

※他にも沢山の施設で演奏させて頂きました。


 『本番前着物チェック!』

『本番中』

若手演奏家育成事業

◎津軽三味線全国大会『結果はいかに…?』(2015年5月5日)



「遠藤周作の1年はこの為にある!」と言って良いほど、津軽三味線全国大会に掛けているものは多く、その努力は計り知れません。

2014年は第26会津軽三味線全日本金木大会 個人一般の部にて準優勝を掴みましたが、今年はいかに…

4名で出場した団体の部では見事入賞することが出来ましたが、個人の部では残念ながら入賞とはなりませんでした。

この悔しさをバネに、来年は財団での研修が最後となるので賞を掴めるよう頑張ってほしいと思います。


 『初めての団体戦』

『3チーム出場と激戦の中、見事入賞!』

地域文化促進事業

◎北広島市大曲地区『盆踊り太鼓指導』(2015年7月)



今年で3年目となります、盆踊り太鼓指導。

1年振りに会った子ども達、しっかりと太鼓のリズムを覚えていてくれました。

昨年より練習回数が少なかったのですが、本番ではバッチリな演奏で会場も大盛り上がり!

毎年必ずと言って良いほど雨に当たっていたのですが見事に今回も雨…でしたが、雨にも負けず!とみんな精一杯太鼓と向き合いました。

私がご指導させて頂いた子ども達は今回が最後の参加だったので寂しい気持ちもありますが、「あの時櫓の上で太鼓打ったな~」と思い出してもらえれば良いなと思います。


 『2年連続参加してくれた子からの似顔絵のプレゼント!』

『北海道和太鼓塾の演奏!』

若手演奏家育成事業

◎海外研修『日本を飛び出します!』(2015年9月24日〜10月12日)



3年間の研修の中で一番大きなイベントとなる、海外研修。

木村が毎年コンサートを開催しているドイツへ遠藤周作も行って参りました!

遠藤は初めての海外でしたが、行きと帰りの飛行機は木村と別。出発前から不安で一杯だったと思います。

ドイツ滞在中は、

木村のソロコンサート、ドイツのプロ和太鼓グループ WADOKYO のコンサートへ出演。
木村の津軽三味線ワークショップへサポートととして参加。

と大忙しでした。

空き日にはドイツ在住の日本人の御宅へ招待して頂き、ドイツ料理を振る舞って下さり、現地の生活に触れることができました。

日本とは全く違う環境での生活と三味線演奏でしたが、彼の目にはどの様に映ったのでしょう?

ドイツで見た景色を忘れずに、今後の研修も頑張ってほしいです!


 『無事にデュッセルドルフ到着!』

『旧市街地に位置する高級ホテルでのコンサート』

 『初めての津軽三味線ワークショップ!』


『ドイツで初めての指導』

若手演奏家育成事業&地域文化促進事業

◎介護福祉施設 ほくと『津軽三味線演奏』(2016年1月6日)



当財団理事長 木村善幸が十数年前から毎年演奏に訪れている場所。

遠藤周作は昨年に引き続き2度目の訪問となりました。

この1年で、国内やドイツで何度も同じ舞台に立って演奏した木村と遠藤。

演奏中の息遣いやハーモニーの重なりが昨年よりも更にぴったりと合っていたように思います。

研修中に沢山の舞台を経験し、その経験を卒業後の活動に役立ててほしいです。


 『本番前にしっかり糸合わせを!』

 

『入所者の皆様は毎年楽しみ待っています!』

若手演奏家育成事業&地域文化促進事業

◎津軽三味線全国大会『今年の結果はいかに?』(2016年5月5日)



ゴールデンウィークに青森で開催されました津軽三味線の全国大会も無事に終了。

北海道三味線塾の講師陣が頑張りました。北海道三味線塾の母体である「木村善幸流津軽三味線道」(木村善幸,遠藤周作,遠藤百恵,遠藤朋子)で出場した団体戦では激戦の中3位を受賞!

遠藤百恵さんは昨年から1つランクアップし準優勝でした!

1年ごとに着実に上位へ向かっている皆さんの姿に、応援団も身が引き締まりました。
木村善幸津軽三味線道は、ここからまた来年の大会に向けて走り出しました!
本当におめでとうございます‼︎



若手演奏家育成事業&地域文化促進事業

◎スポカル2016inつどーむ『和太鼓,津軽三味線~演奏&ワークショップ~』(2016年6月26日)

つどーむにて盛大に開催されましたイベント [スポカル] で当財団理事長 木村善幸と共に北海道和太鼓塾と木村善幸津軽三味線道が演奏をさせて頂きました。


このイベントはスポーツとカルチャーを、無料で体験出来るイベント。
子どもから大人まで、習い事をお探しの方が今年はなんと17000人近く集ったそうです!


演奏以外にもYoshiyuki Kimuraグループで体験ブース(津軽三味線&和太鼓)を設置し、沢山の方と交流を深めました。


この素敵なイベントですが、2017年も開催されるとのこと…!
是非皆様参加してみてはいかがでしょうか?


 



若手演奏家育成事業&地域文化促進事業

◎北広島大曲地区『盆踊り大会』(2016年7月30日)

盆踊り大会本番までの1ヶ月、毎週日曜日に子ども達が会館へ集合し太鼓を特訓します!
太鼓の特訓をお手伝いさせて頂くようになり、今年で4年目になります。


練習は家から持ってきたMy段ボールで。毎回穴が開くほど打ち込みます!


本番当日、盆踊りの音源を聴きながら最終確認…1ヶ月の猛特訓の結果はいかに。


みんなが憧れる、櫓の上で打ち込みました!


今年は4年目にして初めての快晴!(今までは全て雨…。)
太鼓を打ち込むみんなの顔はとても清々しかったです!


演奏も大成功し、一安心。
また来年の7月に一緒に太鼓を打とう!と約束してお別れしました。

 

 



若手演奏家育成事業&地域文化促進事業

◎滝野すずらん公園イベント『スポーツの!食欲の!芸術の!滝野be秋満載DAY!』(2016年10月2日) 

スポーツ体験,北海道うまいもん市,音楽生演奏と、楽しいこと盛りだくさんのイベントに北海道三味線塾 講師 遠藤周作&遠藤朋子2名が出演させて頂きました。
この日は滝野すずらん公園無料入園日!沢山のお客様に足を止めて演奏を聴いて頂きました!


↓以下、遠藤周作のコメントです。


先日滝野すずらん公園で行われた『スポーツの!食欲の!芸術の!滝野be秋満載DAY!』というイベントで演奏をしてきました!
今回初めてフルMCを致し、とても緊張しました。
当日はとても天候が良く、風もなかったのでとても気持ち良く、お客さんもたくさんいらしてました!
これからも頑張ってまいります!
よろしくお願い致します!
(遠藤周作)

 

 



若手演奏家育成事業&地域文化促進事業

◎介護福祉施設 ほくと『津軽三味線演奏』(2017年1月11日)

遠藤周作は今年で3年目となるこちらの演奏。
徐々にほくと利用者様に顔を覚えて頂けて、なんだか嬉しそうです。


当財団理事長 木村善幸は2002年から現在まで1年も途切れることなく毎年三味線を片手に訪れているほくと。


なんと、初回演奏時(当時 木村19歳)のサイン色紙を発見!
大切にスタッフさんが保管してくださっていたのです。


演奏も利用者様に大変喜んで頂けて最後には「来年も待ってるね~!」といった声も。


2ヶ月後の3月には当財団の研修を修了する遠藤。
利用者様の声が心に響いたのではないでしょうか?